ビジネスを効率的に進めるツールとは

あったら便利なツールとは

>

全てツールで管理しよう

スケジュールをまとめよう

与えられた仕事をまとめて、登録できるツールがあります。
それに締め切りも記入できるので、いつまでに何の仕事を終わらせれば良いのか簡単に把握できますね。
締め切りを過ぎても仕事が終わらないと、大勢の人に迷惑を掛けることになります。
そのようなことが起こらないよう、業務管理ツールで確認しながら仕事を進めましょう。

カレンダー機能も備わっており、そこに会議や、出張の日をメモするのがおすすめです。
急に優先すべき仕事が入った時や、会議の予定が変わった時でも、すぐに記入した内容を変更できます。
後で修正しようと思っても忘れるので、予定が変わったとわかった時点で書き直しておきます。
紙のスケジュール帳よりもわかりやすく、使いやすいでしょう。

働いた時間を記録できる

社員が出社した時間と退社した時間を入力できるツールがあると、これまで人が行っていた仕事をかなり削減できるので人気が高まっています。
休みの日の申請や承認もツール上で済ませられ、連絡がスムーズにできますね。
また誰が1か月で何時間働いたのか一目で把握でき、給与を計算したり、働きすぎていないかチェックしたりする時にも役立ちます。

ツールなら、何よりミスが起こらない面がメリットです。
人が管理していると、どうしてもどこかでミスが起こってしまいます。
それは仕方がないことですが、何回もミスが起こると仕事に影響を与えるので、ツールに任せてみるのもよいでしょう。
仕事をツールに任せると社員の負担が減り、これまでより休みを増やせるかもしれません。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる